original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ゲシェンク

1,500円

送料についてはこちら

ワンポイントセールス: 不幸は押し付けるものか、引き取るものか。  いかにもドイツゲーム。シンプルなルールにジレンマ。  プレーヤーは、ゲーム開始時にはチップを同じ枚数持っているだけです。  カードには数字が描かれているだけですが、すべての数字があるわけではありません。何枚かのカードを抜きます。  まず、カードの裏向きの山にし、そこから1枚表にします。手番プレーヤーは、表になったカードを引き取るかどうかを判断します。引き取ったカードはその数字がマイナスポイントです。引き取るのがいやな場合は、チップを1枚出して次の人の手番になります。チップは1枚プラス1ポイントです。カードを引き取ると決めた場合は、そこに置かれたチップも一緒に取ることができます。しかし、そのまま次のカードを表にして、そのカードを引き取るかどうかの判断をせねばなりません。  なお、連続する数字のカードでの失点は、一番小さいカードのものだけになります。例えば21・22・23と持っている場合は、この3枚で失点は21ポイントになります。21と23の場合は、44ポイントのマイナスになります。  21をすでに引き取っている場合は23を取ることは悪いことではありません。22が出てくればラッキーです。他のプレーヤーはよほどのことがなければ取らないでしょう。だから、少し我慢すればチップをたくさんつけてくれて、マイナスポイントが減るカードが手に入るでしょう。しかし、どのカードがなくなっているかは分かりませんので、少しギャンブルです。  また、チップをすべて使い果たしたら、カードを取るしかありません。あまり嫌がっているわけにも行かないのです。カードはチップがたくさん乗っている状態で取りたいものです。  作者    Thorsten Gimmler プレイ人数:2-5人 対象年齢:8歳以上 プレイ時間:20分

セール中のアイテム